熱帯魚の愛好家なら欲しくなる”次世代”のアクアリウム商品3つを紹介

以前からクラウドファンディング「KICKSTARTER」で話題になっていた、「Fishbit(フィッシュビット)」が予約注文を開始して、すごいなぁ。と思っていたところ、アクアリウム関連で他にも面白そうな商品を見つけたので紹介します。

ss 2016-08-21 17.55.36

Fishbit | スマホで遠隔操作可能な水槽モニタリングコントローラー「フィッシュビット」

フィッシュビットは、水槽内に設置するウォーターモニターと水槽の周辺機器を管理するコントローラーで構成されており、両方のデバイスをwi-fi接続することで、スマホ1つで世界中からあなたの水槽を管理&操作することが可能になります。

出典元:Fishbit

ウォーターモニターの設置場所

fishbit設置

このように、ウォーターモニターは、水槽の端っこに2つの手で挟む形です。ちょっと見た目を損なわないかだけ心配ですね。

Fishbitの価格は税込み84,990円

日本の「rakunew」というサイトで購入することが可能です。

Seneye|熱帯魚飼育用の万能モニター「セナイ」

reef2_1

出典元:seneye

僕の中では、Fishbitの簡易版というイメージで、フィッシュビットとの違いは、遠隔操作機能が付いているかどうかと、デザイン性だと思います。

maxresdefault

出典元:Planted Tank UK「Review: Seneye

うーん、やはりこの白色の機械はどうしてもレイアウトを崩してしまっているような・・・今後のバージョンアップに期待します。

seneyeの価格は29,090円!

Fishbitと同様に、日本の「rakunew」というサイトで購入することが可能です。

自動ろ過機能付き水槽「グラビティーフロー2」

100649-www-nocleanaquariums-com (1)

出典元:www.NoCleanAquariums.com

GravityFlow2(グラビティーフロ−2)は、水を注ぐことで汚れた水を排水することができる自動ろ過機能付きの水槽になります。

これは、いわゆるアイデアグッズですね。水位が一定を超えることで、水が流れる原理を利用して、手を汚さないで水を変えることができる便利グッズです。

ベタや金魚水槽にオススメです。

グラビティーフロー2の価格は15,090円!

アイデアグッズにしてはちょっと高いかなと思いますが、お金に余裕のある人にはいい気がします!私なら自作してみようかなと思ってしまいます。

編集後記

実は今回紹介した商品は全て、海外のモノになります。どれもアクアリウムの面倒な部分を自動化しちゃえ。といった考えで作られたアイデア商品であり、こういったものほど日本発であってほしいなぁと思いました。(送料も安くなるので笑)

それと、今回紹介した商品はどれも高くて、まだまだ一般の方に普及するのが難しそうな気がしました。水槽管理と水槽遠隔操作のために3万円や9万円を払うのか。

以外と1回4,860円で水槽の水質情報を徹底的に分析してくれる「トリトン水質検査」の方が需要があるのかなと思ったり。

tritonhead2

ただどちらにしろ、いろいろサービスやプロダクトが生まれている現在のアクアリウム業界は、非常に良い方向に進んでいる気がしました。

また、何か面白いプロダクトやサービスがあったら紹介していきます。それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です